Ken Shou Co., Ltd.

更年期障害・骨粗鬆症  東京都墨田区在住 51歳(女)

20代の頃から偏頭痛になやまされ30代になり、更に痛みの度合いがひどくなり、病院で診てもらったところ、遺伝的なもので、治しようがないとのことでした。

平成9年2月
頭痛、吐き気がひどく、薬を1日に3〜4回服用しても効かないという状態が何日も続く。働くのが苦痛のため会社を退職。

平成9年3月
椎間板ヘルニアになり骨粗鬆症の検査をしてもらう。知人の勧めでBIOを食べ始める。1日5粒。頭痛も何時の間にか治っており、鎮痛剤を服用することもなくなった。
骨粗鬆症検査結果、骨量が平均値より低いので食事に気を付ける事と、ビタミンEを摂取するように言われた。この間、カルシウムの多い食事とBIOを1日5粒食べる。

平成9年10月
骨量の数値が2.46→2.59に上がり、標準値になった。体調がいいので、BIOを食べなくなり、2ヶ月たった頃から肩が凝り、頭痛がするようになり、またBIOを食べ始めた。
鎮痛剤は脳の神経を麻痺させて痛みをとるので、ボケる率も高いと聞いていたので、鎮痛剤から開放された今、BIOに感謝しています。

平成13年1月
BIO 1日5粒毎目常食。過激な運動やウォーキングをしなければ、椎間板ヘルニアの痛みも、頭痛もなく快適な日常生活を送っている。


 間質性肺炎 | B型慢性肝炎 | 更年期障害 | 生理痛 | 肝機能障害 | C型肝炎 | 食道腫瘍
Copyright (C) Cyuou Science Co.,Ltd. All rights reserved.